1000年先まで、記憶をのこそう。 

「いのちの石碑プロジェクト」をご支援していただいた皆様へ

 

皆様からのあたたかい募金で「女川いのちの石碑」を建立し始めてから現在までに、

町内に17の石碑を建てることができました。

 

中学校卒業後も活動を続けている子どもたちは、高校3年間で108回自主的に活動を続け、

高校卒業時に『女川いのちの教科書』を発行させました。(詳しくは、女川いのちの教科書のタブを参照ください)

大学、就職等で宮城県を離れた子どもたちも、教科書の改訂版などを話し合うため、

年末に合宿して話し合うなど継続的に活動を行っています。

8月11日に実施した「第148回女川1000年後のいのちを守る会」で

「震災時にお世話になった方や、津波は地震で大切な命を守るために、一層活動を紹介していこう!!」

と提案されました。毎月1回(第3日曜日を予定)に実施する予定です。

    大学生は就活が始まりますが、それでも実施したいという強い想いを感じました。ぜひ、ご参加ください。

 

 ぜひ一人でも多くの皆様にご参加いただければ幸いです。

 

 ご参加いただける方は、このホームページ上段メニューの「お問い合わせ」欄に、

お名前と人数などをご記入くださいますようお願い申し上げます。

 

 

令和元年8月18日

 

「いのちの石碑」を作る女川の子どもたちを支える会 

会長  山下 由希子

「女川1000年後のいのちを守る会」フェースブックhttps://www.facebook.com/inotimamoru

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 台風による冠水のため、本日の「1000年後のいのちを守る女川の子どもたちを伝える会」は、中止にします。

​ 直前のお知らせになりましたことをお詫びいたします。

 

 

「第30回1000年後のいのちを守る女川の子どもたちを伝える会」

 

Ⅰ 日時   令和元年10月13日(日)午前10時00分~

 

Ⅱ 活動場所;女川町 

 ・集合場所;JR女川駅

(10時になったら女川駅の足湯付近で声を掛け移動をします。送れないように集合してください)

 

Ⅲ 主催   

  いのちの石碑を作る女川の子どもたちを支える会

  女川1000年後のいのちを守る会

 

Ⅳ 主な日程

 1 集合(女川駅前) 午前10時00分

 2 主な内容     

 (1)開会       

 (2)日程説明

 (3)これまでの活動の紹介    

 (4)石碑見学 

 (5)閉会      午前11時30分頃予定

 

member


「いのちの石碑」を作る女川の子どもたちを支える会

会長:山下由希子 様(中学3年生生徒の保護者)​

 

「子どもたち一人一人の思いが詰まった『いのちの石碑』が、明日を生きようとする人々の道しるべになるように、そして、子どもたちの思いに共感し、協力してくださる全ての人々に感謝して、息づかいが聞こえ、四季のにおいを感じられる女川町になりますよう
がんばってください」


副会長:木村 悦子様(中学3年生生徒の保護者)

阿部 丈晴     様(中学3年生生徒の保護者) 

神田 裕子 様(中学3年生生徒の保護者) 

 

木村 清美 様(中学3年生生徒の保護者) 

遠藤 定治 様(女川町の有識者) 

齋藤 俊美 様(女川町区長会)

 

 

 

藤中 郁生  様  (女川町民) 

 

 

高成田 亨 様(町外の有識者)

阿部 一彦 様(会長が委嘱する事務局員)

 

 

 

今村 久美 様(「女川向学館」を運営する

                                  NPOカタリバ 代表)

 

 



<お問い合わせ先>
山下 由希子
Mail : inotinosekihi@yahoo.co.jp

Show More
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now